Home > 未分類 >

自家製パンチェッタ

自家製パンチェッタ

スペイン料理屋というかバルのマスターに教えてもらったパンチェッタのレシピを試してみました.他人のふんどしで相撲を取るシリーズw

パンチェッタというと熟成と乾燥が必要なイメージがありますが,マスターいわく「自分で食べる分には岩塩で3日くらいで十分です」…それは普通の塩豚では…と思いつつ試してみました.

自家製パンチェッタ

1. 豚バラ肉ブロックの表面をペーパータオルで拭き,水分を取る.

2. 肉の8-10%程度の岩塩(バラ肉500gだったら40-50g)を肉にすりこむ.写真のように結構な量です.
自家製パンチェッタ1

3. ペーパータオルにくるんで3日程度冷蔵庫で熟成させる.肉汁が多いようならペーパータオルを変える.また肉汁を吸った塩を払って新たに塩を振りなおすと丁寧.

4. 塊の真ん中を薄く切ってソテーし,塩が入っていれば完成.
自家製パンチェッタ2

↑黒い粒は,途中で塩が足りなくなったのでクレイジーソルトを加えた際の香草.

簡単!いわゆる塩豚や沖縄のスーチカでもせいぜい塩分5%程度なので,結構な塩分です.しかし,肉をそのまま食べるのではなく調味料として使うものなので,これくらいでいいかと.実際,普通の塩豚作るときに比べると,ドリップが出るのは早いし,ペーパータオルを代えるのもそこまで頻繁ではない.でき上がるのも早いし,保存も利く.簡単でいいですねー.

パスタや炒めもの,ポトフなどに活用するべく冷蔵庫に眠っています.料理がんばるぞー!


ジローラモが太鼓判を押すイタリアン本場の味 (LEE CREATIVE KITCHEN)
ジローラモが太鼓判を押すイタリアン本場の味 (LEE CREATIVE KITCHEN)

2010年01月09日 13:55 | URL | トラックバック (0) | 未分類

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mixvox.org/mt-tb-antispam.cgi/3269

Home > 未分類 >

自家製パンチェッタ

about [2]
グラタン [4]
サラダ [11]
ソース [1]
パスタ [8]
パン [5]
ピクルス・漬物 [15]
マリネ [6]
未分類 [106]
[2]
»全記事を見る