Home > 未分類 >

参考レシピ:親子丼

参考レシピ:親子丼

このところ何冊か料理に関する本を読んだのですが,複数の書籍に親子丼が載っていたので本日はその話を(書籍の感想はまたそのうち).

鶏肉大好きの私ですが,唯一苦手な鶏料理が親子丼です.そもそも丼モノが苦手(というか柔らかいご飯がダメ)という好き嫌いの問題もありますが,親子煮そのものの作り方に結構な疑問を持っています.

だってさー(いきなり馴れ馴れしい口調),以前書いたように通常のレシピではダシの中に生の鶏肉を放り込みますよね?一度揚げたり焼いたりで火を通すとか,粉をはたくとか手を加えなくていいんですかね?極めつけが玉ねぎ.水っぽくなるし,かさを増やすためだけに入れてるじゃね?手早く食べるためのまかない,もしくは市場の料理なんでしょうね.

という訳で,適当に鍋に放り込む感がとうてい和食らしくなく,味もゆるくて好きではありません.遠く千葉にいる私の母親の料理の中で,数少ない苦手なモノですね.私の母はきちんと料理を習っていた関西人なので,ダシの引き方も上手いし,ひいき目なく料理が上手な人なのですが,これだけはダメ.

…と思っていたら,一冊の本には玉ねぎは入れず,筍や椎茸という一説を目にしました.水分が少ないのでいいですね.またWikipediaによると,親子丼の元祖・玉ひでさんでは鶏と卵だけのようです.


関連記事:参考レシピ:「どっちの料理ショー」の親子丼

2007年01月13日 22:14 | URL | トラックバック (0) | 未分類

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mixvox.org/mt-tb-antispam.cgi/3376

Home > 未分類 >

参考レシピ:親子丼

about [2]
グラタン [4]
サラダ [11]
ソース [1]
パスタ [8]
パン [5]
ピクルス・漬物 [15]
マリネ [6]
未分類 [106]
[2]
»全記事を見る