Home > 未分類 >

料理を志す人はどんな料理本を選ぶべきか

料理を志す人はどんな料理本を選ぶべきか

先日,某所で自炊の話になり,私が料理をするという話をすると,あまり料理をしないという女史から「何を参考に料理してるの?料理の本?どんな本を参考にすればよいの?教えて具体的に.ぐーたーいーてーきーにー」と小一時間問い詰められました.という訳でそのネタ.

私が作る料理は,母親から教わったか(幼少の頃から鍛えられました),外食して気に入ったモノを再現するか(たいていのモノなら近似値は出せる),そして料理本を読んで作るか,のいずれかです.前二者はこの際置くとして,料理本の話をしましょうか.

さて,再び前置きなのですが…何故料理をするのか.私が料理をする理由は二つです.

1. 一人でいるときは,美味しくお酒を飲みたい
2. 二人以上でいるときは,美味しいゴハンを食べながらくだらない話をして笑っていたい

それだけです.とすると,美味しくお酒を飲めることが大前提の料理になるんですよね.

そんな理由により,好きで共感して本を集めているのが,ケンタロウ藤井恵さん.どちらもお酒好きで,手際がよくて,素晴らしいですね.いつも参考にしています.

あと買おう!と思ってまだ買っていないのが,渡辺有子さん.器がオシャレなのもさることながら,この方の料理にこめるメッセージが好きです.「好きな人と毎日ごはんを食べること」なんて,素敵なフレーズ!

私は料理もお酒も好きなので,一人できちんと料理しながらお酒を飲むのが好きなんですけど(ダメ人間).好きな人とゴハンを食べながら飲みながら野球中継に歓声を挙げるのはもっと楽しいですね(照)

…最近思うのが,社会人になってから数年間料理をさぼっていたせいか,料理の基本をだいぶ忘れていることです.もっと修行しなくちゃなぁ.

2006年09月20日 21:18 | URL | トラックバック (0) | 未分類

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mixvox.org/mt-tb-antispam.cgi/3382

Home > 未分類 >

料理を志す人はどんな料理本を選ぶべきか

about [2]
グラタン [4]
サラダ [11]
ソース [1]
パスタ [8]
パン [5]
ピクルス・漬物 [15]
マリネ [6]
未分類 [106]
[2]
»全記事を見る